一般社団法人日本建設あと施工アンカー協会

閉じる

基本的なQ&A

基本的なQ&A

  • 製品

  • 材料

  • 施工

  • 検査

  • その他

  • 製品

    あと施工アンカーとは何ですか
    あと施工アンカーとは、穿孔したコンクリート(母材)の孔に固着機能によって固定されるアンカーで、埋め込み方法などによって、「金属系アンカー」「接着系アンカー」「その他のアンカー」に分類されます。
    詳しくはJCAAホームページの「あと施工アンカーについて」、並びに「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】または【金属系】の1章 1.1基本事項」を参照ください。
    金属系アンカーとは何ですか
    金属系アンカーとは、金属拡張アンカーとその他の金属アンカーに分かれます。金属拡張アンカーは、母材に予め穿孔した孔の中でその拡張部が開き、孔壁に機械的に固着するものをいいます。その他の金属アンカーにはアンダーカット式があります。
    JCAAでは一般的に使用されている金属拡張アンカーを金属系アンカーとして紹介しています。
    詳しくは、JCAAホームページの「あと施工アンカーについて」、並びに「あと施工アンカー施工指針(案)【金属系】の1章 1.1基本事項」を参照ください。
    接着系アンカーとは何ですか
    接着系アンカーとは、母材に予め穿孔した孔に充填した接着剤(カプセル方式又は注入方式)が化学反応により硬化し、定着部を物理的に固着するものをいいます。
    詳しくは、JCAAホームページの「あと施工アンカーについて」、並びに「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】/【接着系/注入方式/カートリッジ型】各々の1章 1.1基本事項」を参照ください。
    その他のアンカー類とは何ですか
    「その他のアンカー類」とは、あと施工アンカーの分野において、金属系アンカーおよび接着系アンカー以外のものをいいます。
    その他のアンカー類の分類は、対象母材に応じて様々なものがあり、素材では金属系とプラスチック系の2種類に大別され、機構については、打込み式・ねじ込み式・はさみ固定式・ねじ固定式の4種類に大別されます。
    JCAAの製品認証とはどのようなものですか
    あと施工アンカー製品認証制度は、あと施工アンカー製品について、品質性能に関する諸申請書を当協会の第三者機構的委員会である製品認証委員会が審査し、評価認証審査基準の品質性能が確保されていることを認証する制度です。
    詳しくは、JCAAホームページの「認証製品について」を参照ください。
    あと施工アンカーは、JIS規格化されていますか
    あと施工アンカー自体は、JIS規格化はされておりません。
    接着系アンカーの保管方法での注意事項はありますか
    金属系アンカーは、水・油・土・ほこり・火気等がなく屋内専用の場所に保管してください。接着系アンカーは、カプセル(有機系)・カートリッジ型は水・油・土・ほこり・火気等がなく、高温で多湿の場所でなく、直射日光の当たらない5℃~25℃程度の冷暗所で保管してください。無機系は、多湿を避け乾いた場所で直射日光の当たらない5℃~25℃程度の冷暗所で保管してください。
    詳しくは、各製品の製品情報を確認してください。また、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】」並び、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/注入方式/カートリッジ型】」、各々の「3章 施工計画 3-4 材料受け入れ検査と保管管理」を参考ください。
    接着系アンカーに使用期限はありますか
    使用期限はあります。
    その期限は各メーカーによって異なり、包装されている箱などに表示されています。
    詳しくは、各製品の製品情報を確認してください。
  • 材料

    アンカー筋にはどのような材料が使われていますか
    接着系アンカーに用いるアンカー筋の主な材質は、ボルトでは、SS400、SWCH6R~17R、SUS304等々。異形棒鋼では、SD295、SD345等があります。
    金属系アンカーに用いる材料は、「普通鋼」、「合金鋼(ステンレス鋼)」があります。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】 2章 2.2使用材料の品質」を参照ください。
    また、金属拡張アンカー及びアンカーボルトに用いられている材料については、「あと施工アンカー施工指針(案)【金属系】 2章 2.2使用材料の品質」を参照ください。
    あと施工アンカーが使用できるコンクリートとは、どのようなものですか
    JCAA発行の各種「あと施工アンカー施工指針」で示している使用できるコンクリートは、普通コンクリート及び軽量コンクリートです。
    詳しくは「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】2章 種類および品質 2・3母材コンクリート」または「あと施工アンカー施工指針(案)【金属系】種類および品質 2・4母材コンクリート」を参照ください。
  • 施工

    はしあき、へりあきとはどのようなものですか
    はしあきとは、あと施工アンカーの中心から、作用するせん断力の方向に最も近い母材端部までの距離です。
    へりあきとは、あと施工アンカーの中心から、作用するせん断力の方向と直角方向に最も近い母材端部までの距離です。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】もしくは【金属系】の1章 総則の補足」を参照してください。
    アンカーピッチとは何ですか
    隣り合うアンカーとアンカーの中心間距離、アンカー間隔ともいいます。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】もしくは【金属系】の1章 総則の補足」を参照してください。
    穿孔中埋設物に当たったらどうすればよいですか
    穿孔中に埋設物に当たった場合は、施工計画に基づいて対処してください。施工計画での対処が困難な場合は、施工者は現場責任者に、現場責任者は管理者に報告し管理者と充分な協議と検討を行い、指示を受けて対処してください。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】の付録の付A3 某条件下における施工対処例」、もしくは【金属系】の付録の付M6 某条件下における施工対処例」を参照してください。
    あと施工アンカーの施工に資格が必要ですか
    現在、公的資格制度はなく、民間資格としてJCAAでは資格制度を実施しております。JCAAの資格認定制度は、あと施工アンカーの施工、管理に携わっている技術者の知識・技能を認定し、その知識・技術の向上を図ると共に、あと施工アンカーに対する信頼性を高め、有資格者による安心・安全な施工を提供することを目的として推進しております。
    詳しくは、JCAAホームページ「資格・講習について」の「資格認定制度」を参照してください。
    モルタル仕上げがあるコンクリートに孔をあける深さは、アンカーの「埋込み長さ」と同じと考えてよいですか
    同じではありません。
    アンカーの所定の固着力を得るための穿孔深さは、モルタル仕上げの厚みを除き、コンクリート部に所定の埋込み長さを穿孔します。
    つまり「モルタル仕上げ厚み」+ コンクリートの「アンカー埋込み長さ」の穿孔深さとなります。
    アンカーの「埋込み長さ」は「穿孔深さ」と同じですか
    同じではありません。
    アンカーの「埋込み長さ」はコンクリートの中に埋込むアンカーの長さをさします。孔をあける深さのことではありません。「穿孔深さ」は、コンクリート表面から孔底のドリルの肩部までの深さです。
    製品に対する施工の要点を教えてください
    標準施工手順を遵守していくことが大切です。

    接着系アンカーであれば

    1. 準備と墨出し
    2. 穿孔
    3. 孔内清掃と穿孔深さの確認
    4. 固着と養生
    5. 自主検査

    金属系アンカーであれば

    1. 準備と墨出し
    2. 穿孔
    3. 孔内清掃と穿孔深さの確認
    4. 固着(アンカーの挿入と拡張
    5. 自主検査
    詳しくは、JCAAホームページの「あと施工アンカーについての、あと施工アンカー施工手順」を参考ください。また、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】、【金属系】、【接着系/注入方式/カートリッジ型】-プレ混合式(無機系)及びミキシングノズル式(有機系)の各々 4章 あと施工アンカー工事」を参照ください。
    可使時間と硬化時間の違いは何ですか
    可使時間とは、主剤と硬化剤が混合された時から硬化反応が開始されるまでの時間です。
    硬化時間とは、樹脂が硬化し、アンカー筋に荷重がかけられるまでの時間です。
    詳しくは「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/注入方式/カートリッジ型】ミキシングノズル式(有機系)の4章 あと施工アンカー工事 4.5 固着と養生」を参照ください。
    接着系アンカーの穿孔にダイヤモンドコアドリルは、使用できますか
    使用できます。
    但し、使用するにあたっては、コアビットの径が適切であるか否かを確認する必要があり、且つ穿孔後の孔内清掃を充分に行ってください。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/注入方式/カートリッジ型】 4.4 孔内清掃と穿孔深さを参照ください。
    接着系アンカーで曲げ鉄筋(L字型、フック型)は施工できますか
    接着系打込み方式と接着系注入方式で使用できます。
    詳しくは、あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】、【接着系/注入方式/カートリッジ型】を参照してください。
  • 検査

    アンカーの引張強度を確かめる方法はありますか
    アンカーの引張強度を確認する方法は、非破壊試験と破壊試験があります。試験方法には、油圧ジャッキを用いる油圧式と、アンカーに引張力を生じさせるレンチ式の二つが一般的に用いられています。
    詳しくは、「あと施工アンカー施工指針(案)【接着系/カプセル方式】 並び【金属系】の各々5章 検査および取付物の取付け 5-1立会い検査 及び付属資料2 非破壊引張試験法」を参照してください。
  • その他

    あと施工アンカーの書籍はどのようなものがありますか。
    また、書籍は購入できますか
    あと施工アンカー施工指針(案)やJCAAあと施工アンカー技術資料(等々他)などがあります。
    詳しくは、JCAAホームページの「出版物」の「出版物・推薦図書一覧」を参考にしてください、書籍の購入につきましては、同ホームページの「お申し込み方法」を参考にしてください。
    協会に入会できますか。
    また、会員に種類があるのですか
    協会に入会はできます。会員には、正会員・賛助会員・技術者会員・特別会員があります。
    詳しくは、JCAAホームページ「入会案内」を参照してください。